1. ビルクリーニング外国人材受入支援センター
  2. 関連情報

関連情報

外国人材受入関連情報

New!! 求人情報をupしました! 6/1

ビルクリーニング外国人受入支援センターは、外国人の方々が日本のビルメンテナンス企業で安心してビルクリーニング技術を習得できる環境づくりを目指しています。
在留資格は、留学生、技能実習、特定技能、高度人材、身分に基づき在留する者、永住者、日本人の配偶者など29種類に及びます。
これらの内容を把握し、入管法や労働法・社会保険関係法令などを正しく理解して、働きやすい環境を準備することが外国人材受入の第一歩です。

技能実習制度



詳細ページへ

外国人の技能実習生が、実習を実施する企業と雇用関係を結び、技能・技術の修得を図るものです。

特定技能



詳細ページへ

「出入国管理及び難民認定法」の改正によ
り、ビルクリーニング分野も在留資格「特定技能1号」による外国人受入れが可能となりました。

刊行物



詳細ページへ

支援センターでは、受検準備のために、DVDやテキストを発行しています。

登録会員情報



詳細ページへ

登録会員様から発信される情報です。
監理団体、登録支援機関、送出し機関,日本語学校、人材あっせん企業などからの情報をご覧ください。

生活関連情報



詳細ページへ

日本で就労する外国人の日本での生活に関する情報をまとめています。

コロナウィルス
関連情報


詳細ページへ

新型コロナウイルス感染症にかかる関連情報をまとめていす。

求人情報

特定技能で働きたい外国人の方は
こちらをご覧ください

詳細ページへ

特定技能1号在留資格を持つ外国人を募集している企業情報です。
とくていぎのうではたらきたいがいこくじんのかたは、こちらをご覧ください。

求職情報



準備中

日本で就労先を探している外国人の情報です。
閲覧には支援センターの登録が必要です。

準備中



準備中

 

お問い合わせ

一般の方はこちら

登録済みの方はこちら